fun

セブ島から行けるリゾート地「ボホール島」1/31の様子

ボホール島は、フィリピン・セブ島の南東すぐ隣に位置する島。季節によって色が変化するチョコレートヒルズや世界最小の猿ターシャ、白砂のアロナビーチなどの魅力的なスポットが多く存在することで知られており、世界中の旅行者から人気を誇っています。

中でもロボックリバークルーズは、ジャングルのような大自然を堪能できる注目のアクティビティです。船上でエメラルドグリーン色の川や大自然を望みながら、フィリピン料理のランチビュッフェや村人のダンスショーを楽しむことができます。

river.jpg

<船上からのロボックリバークルーズの景色>

現在、コロナの影響により外国人はフィリピンへの入国ができない状況が続いている為、一般の旅行客として観光できるようになるまでにはまだ少し時間がかかりそうです。

ボホール島は昨年2020年3月中旬より入島規制を開始、途中制限範囲が一部緩和されるなど変化を経つつ現在に至ります。現在は原則ボホール島の住民しか入れないように入島規制を行っていますが、11月中旬には国内観光客の受入のみ再開し、厳しい条件(訪問者コードの発行など)を通過した人は他の島からも入島できる状態になっています。

Bohol2.jpg

<マスクをしてダンスショーを披露する村人>

ロボックリバークルーズでダンスショーを行う村人たちも、マスク着用など感染対策を行いつつ、ボホール島が観光客で賑わう日を待ち望んでいます。

セブ島から船で2時間弱、日帰り観光としても一押しの旅先。コロナ後にフィリピン・セブ島旅行に訪れる際は、ぜひボホール島にも足を運んでみてください。

Share

Fun Group Inc. All rights reserved.